マイケルジャクソンのミュージックビデオ

効果音と言えば、マイケルジャクソンのミュージックビデオ「バッド」でしょう。
マイケルジャクソンと言えば、バックで踊るダンサー達がマイケルと一緒に同じダンスをするのが特徴です。

その時にミュージックビデオで初めて効果音を使ったのです。
その効果音とはダンスに合わせて風が舞ったり、勢いよく「ビュッビュッ」と切れ味よく体が動いたり、
足を動かしたときに床に叩きつけるようなダンスが凄く見える効果音です。
これらの効果音が効をそうして、ミュージックビデオ自体が賞をとったり「バッド」そのものが伝説となりました。

この動きを大きく見せる効果音として、ブルース・リーが戦うシーンや特にヌンチャクを使用するシーンが印象的でした。
実際にヌンチャクを使用したことがありますが当然映画のような音は出ません。
あと音だけでヌンチャクばかりかブルース・リーが凄く見えました。
こう見ると、効果音があるだけで凄く見えたり、その人が神格化するという効果まであることに気づきました。